20201018、セロー、川端ダム、夕張、228キロ

晴れ、Max17℃

DSC_0002_R
国道274号、夕張川に架かる川端橋より、下流側。


DSC_0004_R
上流側。国道274号から、JR線鉄橋、高速道路、川端ダム。

DSC_0008_R
川端橋の手前から。

DSC_0009_R
川端橋の手前にある灌漑用水路。

DSC_0010_R
川端橋。

DSC_0012_R
川端ダム。

DSC_0013_R
ダム放水中でした。


DSC_0014_R

DSC_0015_R

DSC_0016_R
渇水状態。

DSC_0017_R
遠方に高速道路。

DSC_0018_R
雨霧橋の手前に駐車。

DSC_0020_R
雨霧橋全景。

DSC_0021_R
下流側。

DSC_0022_R
上流側、遠方に鉄橋が見えます。

DSC_0024_R
竜仙橋の手前に駐車。

DSC_0026_R
だいぶ紅葉になっています。

DSC_0027_R
竜仙橋の手前から。

DSC_0028_R
川端発電所。


DSC_0029_R

DSC_0030_R

DSC_0031_R

DSC_0036_R

DSC_0041_R
石炭の歴史村。

DSC_0042_R

DSC_0043_R

DSC_0044_R
かつての水上レストラン(廃墟)。

DSC_0045_R


DSC_0046_R

DSC_0047_R
ロマン橋から上流側。

DSC_0048_R
ロマン橋から下流側。中央に水が落ちています。

DSC_0049_R
志幌加別川に架かるロマン橋。

DSC_0051_R
夕張の大露頭。

DSC_0053_R
万字炭山付近の橋脚が橋になっていました。

DSC_0055_R
前回に続き、石狩川頭首工を通過。

DSC_0056_R
篠路運河のスタート地点。

DSC_0057_R

DSC_0058_R

DSC_0059_R
廃止になった札沼線、月形駅の手前の知来乙駅。
駅銘鈑は外されていました。

DSC_0060_R


本日の走行、228キロ。オドメーター12094キロ。

20201017、なるしま、小樽缶詰倉庫、102キロ
晴れ、Max17℃

DSC_0001_R
銭函を上がったところ。国道5号のコンクリート壁の紅葉。


DSC_0002_R
札樽自動車道の下。

DSC_0003_R
熊碓トンネル。

DSC_0005_R
函館線。

DSC_0007_R
解体が決まった、缶詰倉庫。

正式名称は、北海製罐小樽工場、第3倉庫(大正12年)

DSC_0011_R

DSC_0013_R
螺旋階段状のスパイラルシュート。

DSC_0014_R


DSC_0015_R
上砂留踏切。

DSC_0017_R
帰りも撮影。

DSC_0018_R

DSC_0019_R
小樽南防波堤。

DSC_0020_R
平磯岬。

DSC_0022_R
JR線。

DSC_0023_R

DSC_0024_R
朝里ダムの紅葉。

DSC_0026_R

DSC_0028_R

DSC_0029_R
魚留の滝で折り返し。

※塩谷でフロントパンク、忍路までの予定でしたが、塩谷で折り返し。

本日の走行、102キロ。

20201011、セロー、墓参、徳富川、293キロ
晴れ、Max18℃

※前回の燃費49.42キロ(126-4=122円)

DSC_0001_R
徳富川(とっぷかわ)にかかる、鉄橋。
かつての札沼線の鉄橋です。現在は水管橋として使われているようです。


DSC_0002_R
新十津川橋。

DSC_0003_R
札沼線の鉄橋。

DSC_0004_R
新十津川橋方向。

DSC_0005_R
月形町の

DSC_0006_R

DSC_0007_R
月形町にある石狩川頭首工。

DSC_0008_R

DSC_0009_R

DSC_0010_R

DSC_0011_R

DSC_0012_R
夕張岳方向。


本日の走行、293キロ。

↑このページのトップヘ