20240519、300GX+フジサイクル、万字まで74キロ
晴れ、Max20℃ 
栗山町、栗山公園まで300GX使用

DSC_0001_R
雨煙別小学校、コカ・コーラ環境ハウス

DSC_0002_R

DSC_0003_R
早朝からOpenしていました

DSC_0004_R
体育館

DSC_0005_R
農村も1枚

DSC_0006_R
上志文郵便局、浦山は岩見沢萩の山スキー場です。

DSC_0007_R
幌向川

DSC_0008_R
第二朝日橋

DSC_0009_R
水管橋、左側に雪が残っていました。

DSC_0010_R

DSC_0011_R

DSC_0012_R

DSC_0013_R
上流側にも水管橋がありました。

DSC_0014_R

DSC_0015_R
上流側の水管橋

DSC_0016_R
国鉄万時線、朝日駅舎

DSC_0017_R
万字線鉄道公園

DSC_0018_R

DSC_0019_R

DSC_0020_R

DSC_0021_R
機関車の仕様
型式=B20、製造=昭和20年 郡山 立山重工

DSC_0022_R

DSC_0023_R

DSC_0024_R

DSC_0025_R

DSC_0026_R

DSC_0027_R

DSC_0028_R

DSC_0029_R

DSC_0030_R
朝日頭首工

DSC_0031_R

DSC_0032_R

DSC_0033_R

DSC_0034_R
竣工=平成3年3月

DSC_0035_R

DSC_0036_R
美流渡交通センター

DSC_0037_R
万字線鉄道資料館と美流渡交通センター展示室の鉄道資料は
朝日コミュニティ交流センターに移設・統合されました。
とあります。

DSC_0038_R

DSC_0039_R
幌向川ダム

DSC_0040_R
幌向川ダム管理事務所

DSC_0041_R

DSC_0042_R
ロックフィルダム

DSC_0043_R
万字仲町簡易郵便局(旧万字駅舎を使用)と万字駅跡の石碑

DSC_0044_R
ジン鍋アートミュージアム

DSC_0045_R

DSC_0046_R
ポンネ湯

DSC_0047_R

DSC_0048_R
万字炭山交通センター

DSC_0049_R
JR栗山駅に立ち寄り


本日の走行、74キロ








20240518、セロー、登別地獄谷、295キロ
晴れ、Max20℃ぐらい、朝の中山峠Min6.9℃でした。

DSC_0001_R
オロフレ峠経由で登別へ

DSC_0002_R

DSC_0003_R

DSC_0004_R

DSC_0006_R
クッタラ湖、見えました

DSC_0007_R

DSC_0008_R

DSC_0010_R
登別地獄谷

DSC_0011_R

DSC_0012_R

DSC_0013_R

DSC_0014_R

DSC_0015_R

DSC_0016_R

DSC_0017_R

DSC_0018_R

DSC_0019_R

DSC_0020_R

DSC_0021_R

DSC_0022_R

DSC_0023_R

DSC_0024_R

DSC_0025_R

DSC_0026_R

DSC_0028_R

DSC_0029_R

DSC_0031_R

DSC_0032_R

DSC_0033_R

DSC_0034_R

DSC_0035_R

DSC_0036_R

DSC_0037_R

DSC_0038_R

DSC_0039_R

DSC_0040_R

DSC_0041_R

DSC_0042_R

DSC_0043_R

DSC_0044_R

DSC_0045_R


DSC_0046_R
DSC_0047_R

DSC_0048_R

DSC_0049_R

DSC_0052_R

DSC_0054_R
勇払川、トキサタマップ堰に立ち寄り

DSC_0055_R

DSC_0056_R

DSC_0057_R

DSC_0058_R

DSC_0059_R

DSC_0060_R

本日の走行、295キロ 燃費₌52.79km/l レギュラー151円(値引き後)




20240515、300GX+フジサイクル、三笠市、60キロ
晴れ、Max20℃、三笠市クロフォード公園まで300GX使用

DSC_0001_R
クロフォード公園

DSC_0002_R
三笠市役所の正面

DSC_0003_R
達布山

DSC_0004_R
達布山展望台

DSC_0005_R
展望台の屋上

DSC_0006_R
展望台からの眺め

DSC_0007_R
展望台からの眺め

DSC_0008_R
展望台からの眺め

DSC_0009_R
展望台からの眺め

DSC_0010_R
山﨑ワイナリー

DSC_0011_R
山﨑ワイナリー

DSC_0012_R
山﨑ワイナリー

DSC_0013_R
山﨑ワイナリー

DSC_0014_R
山﨑ワイナリー

DSC_0015_R
レンガ煙突

DSC_0016_R
レンガ煙突

DSC_0017_R
旧空知集治監 典獄官舎レンガ煙突

DSC_0018_R

DSC_0019_R

DSC_0020_R

DSC_0021_R
レンガ煙突

DSC_0022_R
三笠山

DSC_0023_R

DSC_0024_R
千人塚史跡公園

DSC_0025_R
魚染めの滝

DSC_0026_R

DSC_0027_R

DSC_0028_R

DSC_0029_R

DSC_0030_R

DSC_0031_R

DSC_0032_R
幾春別地区、大正時代の倉庫を利用したスイーツ店、KULATUTA(クラツタ)

DSC_0033_R

DSC_0034_R

DSC_0035_R
幾春別地区の創業約100年の更科食堂

DSC_0036_R

DSC_0037_R

DSC_0038_R
奔別炭鉱の立坑櫓

DSC_0039_R

DSC_0040_R

DSC_0041_R

DSC_0042_R

DSC_0043_R

DSC_0044_R
三笠市博物館

DSC_0045_R

DSC_0046_R

DSC_0047_R

DSC_0048_R

DSC_0049_R
野外博物館

DSC_0050_R
森林鉄道跡

DSC_0051_R
幾春別層

DSC_0052_R
幾春別炭鉱錦立坑櫓

DSC_0053_R

DSC_0054_R

DSC_0055_R

DSC_0056_R

DSC_0057_R

DSC_0058_R

DSC_0059_R
開拓時代を象徴する星マーク
柱の鉄鋼に八幡の刻印があると説明がありますが、発見できませんでした。

DSC_0060_R

DSC_0061_R

DSC_0062_R

DSC_0063_R
旧錦坑坑口

DSC_0064_R
排水が炭鉱の鉱物に触れて冷泉になっています。
青白い流れになっています。

DSC_0065_R

DSC_0066_R

DSC_0067_R

DSC_0069_R
石炭

DSC_0070_R
垂直な地層

DSC_0071_R

DSC_0072_R
狸堀り跡

DSC_0073_R

DSC_0074_R

DSC_0075_R

DSC_0076_R
地層の境界線

DSC_0077_R
ひとまたぎ5千万年

DSC_0078_R

DSC_0079_R
三笠層

DSC_0080_R

DSC_0081_R

DSC_0082_R

DSC_0083_R
断層

DSC_0084_R

DSC_0085_R
神泉隧道

DSC_0086_R

DSC_0087_R

DSC_0088_R
鏡肌
※対象の岩、わかりませんでした。

DSC_0089_R

DSC_0090_R
神泉閣跡

DSC_0091_R

DSC_0092_R
桂沢神居古潭

DSC_0093_R

DSC_0094_R


強風のため昼でサイクリング終了。本日の走行60キロ



↑このページのトップヘ